back arrowView show

11月の米国販売台数は44,148台、モデル3はヨーロッパ販売開始、VWの最後のガソリンエンジン、60kWhリーフ、カリフォルニアの太陽光発電の義務化

Episode description

こんにちは!こちらは週刊EVニュース、2018年12月7日、エピソード5番です。週刊EVニュースは日本初、日本唯一の電気自動車ニュース番組です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。

週刊EVニュースは毎週金曜日にアップします。このポッドキャストはアップルポッドキャスト、スポトイファイ、キャストボックスなどの人気ポドキャストアプリで聴取可能です。または、evnews.jpでも聴取できます。

それでは、始めましょう。

今週のニュースは:
・ 米国11月プラグイン電気自動車の販売数が史上2番目多い44,148台
・ テスラ社のモデル3注文サイトがヨーロッパで開始、2月から納車予定、WLTP走行距離は544キロも
・ フォルクスワーゲン社の最後の内燃機関プラトフォームは2026に発売
・ 60kWh日産リーフの発表は1月8日、ラスベガスのCESで、アクティブ温度管理は?
・ 米国カリフォルニア州:2020年1月1日から全ての新築自宅の屋根に太陽光発電システムを義務化

※ 米国11月プラグイン電気自動車の販売数が史上2番目多い44,148台

米国のInsideEVs、月間電気自動車の販売台数データにより、2018年11月が2番目多い販売台数になりました。今年の11月販売台数は44,148台になって、昨年の同じ11月は17.178台でした。一年で電気自動車の販売台数が257%上昇しました。2018年1月から11月までのモデルごとのトップ10ランキングについて、

1 テスラモデル3 114,532
2 トヨタプリウスプライム 24,836
3 テスラモデルS 22,495
4 テスラモデルX 22,000
5 シボレーヴォルト 18,648
6 シボレーボルトEV 16,907
7 ホンダクラリティPHEV 15,424
8 日産リーフ 13,048
9 BMW 530e 7,301
10 フォードフュージョンエネルギー 7,284

また、11月の月間メーカーランキングについて、
1 テスラ 24,600
2 GM 6,968
3 BMW 2,314
4 トヨタ 2,312
5 ホンダ 1,903
6 フォード 1,132
7 日産 1,128

11月にテスラのモデル3は年間10万台の販売台数を超えて、大きいな話題を及んでいます。日本や他国の右ハンドル国では2019年中旬に販売開始の予定です。

InsideEVs: November 2018 Narrowly Misses Top All-Time Month For U.S. EV Sales
https://insideevs.com/november-2018-u-s-ev-sales-recap/

※ テスラ社のモデル3注文サイトがヨーロッパで開始、2月から納車予定、WLTP走行距離は544キロも

次のニュースはテスラの海外展開です。今週、11月5日にテスラ社がウェブ上の注文をヨーロッパでスタートしました。フランス、スウェーデン、ノルウェー、ドイツ、オランダ、スペイン等の販売開始が英国の電気自動車ポッドキャストが確認されました。いずれの国は、まだ、左ハンドルのバージオンです。日本と同様の右ハンドルの英国では販売はまだスタートしていません。

販売タイプはヂューアルモーター、つまりAWDタイプ、のロングレンジとパーフォマンスの2つのモデルです。ヨローッパの走行距離の新基準はWLTPです。デューアルモータータイプの走行距離は今回WLTPで544キロ、パーフォマンスタイプは530キロです。両方とも非常に長い走行距離です。

日本もWLTP基準を今年の秋以降導入しました。来年の発売予定のモデル3も同様な走行距離になるでしょう。

モデル3のヨーロッパ納車は2月から開始する予定です。ヂューアルモータータイプの販売価格は約750万円、パーフォマンスバージオンは約900万円です。

EV News Daily: Model 3 Configurator Open In Europe
https://www.evnewsdaily.com/2018/12/06/06-dec-2018-model-3-configurator-open-in-europe-third-rivian-announced-and-kia-eniro-uk-pricing/

※ プロモーション:17ヶ所スキー場共通リフト回数券「軽井沢ベースキャンプパスポート」

軽井沢は日本の最上級フォーシーズン・マウンテン・リゾートです。知る人ぞ知る、冬の軽井沢も最高です。軽井沢ベースキャンプパスポートは好評発売中です。21,000円の17ヶ所のスキー場の5日分の共通リフトの回数券、数十ヶ所の軽井沢町内の店で使えるローカルディスカウント「パスポートIDカード」も含まれます。回数券は軽井沢の冬アクティビティ、カーリング、アイススケート、ジャム作り体験などでも使用可能です。1人でも数人でも使えます。1000セット限定販売ですので、早めに「軽井沢ベースキャンプパスポート」をオンラインで検索して、ご注文してください。ウェブサイトで詳しい情報あります:

http://karuizawabasecamp.com

※ フォルクスワーゲン社の最後の内燃機関プラトフォームは2026に発売

次のニュースはフォルクスワーゲンの大きいな発表です:2026年にVW社の最後の内燃機関のプラトフォームを発売する予定です。つまり、2026年以降、新しいガソリンやディーゼルエンジンの開発を中止します。2026以降は内燃機関エンジンの出荷は続くが、新しいタイプの開発は無いとのことです。

上々に色々な街や国が化石燃料を燃やす車を廃止しています。それまでの間、VWグループは電気自動車に兆円単位の大金を投資しています。ところで、VWグループの自動車ブランドはVW以外、アウディ、ベントレー、ブガッティ、ランボルギーニ、シュコダ、セアトなどを含まれます。またはオートバイとトラックのブランドを持っています。

何れにしても、VWが化石燃料エンジンを最終的に辞めていくことになります。この決断により、数多くのサプライヤーにも、メンテナンスも、多方面から化石燃料系の自動車業界に関わっている方にとては大きいな影響が当たることになります。

でも、この決断は仕方がないでしょう。化石燃料を燃やし続くことで温暖化と環境変化がさらに悪化するでしょう。人類のための大きいな決断でしょう。

これから日本の自動車メーカーはどの様な決断をするのでしょうか。個人的に、私の場合は今度化石燃料を燃やす車を買わない様にしています。四輪駆動の小さめのSUVタイプのEVを待っています。来年か再来年に今持っている車をなくして、電気自動車に切り替えて行きます。

Handelsblatt: Volkswagen kündigt das Ende des Verbrennungsmotors an
https://www.handelsblatt.com/unternehmen/industrie/auto-von-morgen/handelsblatt-autogipfel-volkswagen-kuendigt-das-ende-des-verbrennungsmotors-an/23715746.html
Bloomberg: VW Says the Next Generation of Combustion Cars Will Be Its Last
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-12-04/vw-says-the-next-generation-of-combustion-cars-will-be-its-last

※ 60kWh日産リーフの発表は1月8日、ラスベガスのCESで、アクティブ温度管理は?

次のニュースはドイツのElectriveというサイトがスクープした情報です。日産リーフ60kWhバッテリーの新バージョンが来月、ラスベガスの家電展示会で発表されるとのニュースです。リポートによるとドイツのディーラー会議で1月の発表になるっとの情報が漏れてきました。新しいモデルの名前は「Nissan Leaf E-Plus」(日産リーフ・イー・プラス)だそうです。本来の2018年式の40kWhリーフより約70万円高くなる予定だそうです。

そして、今回の報道によると電池の温度管理システムは今までのリーフバッテリーと同様な空冷式システムです。

実は今年、海外で日産の2018年40kWhモデルがアクティブ温度管理システムが無い為に問題になっています。急速充電を2回以上、同じ日中に行うと充電スピードが急に遅くなるし、長い距離の運転の場合はあんまり時間が掛かるから大きいなクレームになりました。ネットで#rapidgate (ラピッドケート)というハッシュタグも流行りました。

日産の電池製造子会社を今年売却して、今後、韓国のLGのバッテリーを使用することになってるらしいので、LGのバッテリーパックを導入してる他電気自動車メーカーと同様にアクティブ温度管理システムを導入する噂が以前から多くありました。今回の報道が正しいのであれば、リーフの60kWhバージョンに対する厳しいチェックが消費者から入ると言われています。

今回の報道はまだ一つのソースしか無いので、また情報が出ってきたら新しい情報を紹介したいと思います。

Electrive: Exclusive: 60kWh Leaf to debut without liquid-cooling
https://www.electrive.com/2018/12/04/exclusive-long-range-leaf-to-debut-without-liquid-cooling/
The Drive: Nissan Leaf Will Receive Bigger Battery, Longer Range for 2019: Report
http://www.thedrive.com/news/25316/nissan-leaf-will-receive-bigger-battery-longer-range-for-2019-report

※ 米国カリフォルニア州:2020年1月1日から全ての新築自宅の屋根に太陽光発電システムを義務化

最後のニュースはカリフォルニア州の新しい建築基準です。2020年1月1日から、カリフォルニア州の全ての新築自宅の屋根に太陽光発電システムが義務化されました。これは米国では初めての基準です。

基準によると3階以下の自宅の屋根に太陽光発電システムは必要になりました。さらに、システムの大きさはその自宅の消費電力の年間キロワット時数をネットゼロにするほどの大きさにしないと行けない基準です。

さらに、新基準の政策に蓄電池やヒートパンプ式給設備など、色々なエネルギー効率を向上するアップグレードのインセンティブがされています。新自宅のエネルギー消費は50%以上に削減できる様なると想定されています。その上に義務化された太陽光発電システムにより、実際の年間エネルギー消費はゼロになるとのことです。

Greentech Media: California’s Rooftop Solar Mandate Wins Final Approval
https://www.greentechmedia.com/articles/read/california-solar-roof-mandate-wins-final-approval

今回の週刊EVニュースは以上です。如何でしたでしょうか。皆さんのフィードバックを是非聞きたいです。evnews.jpのサイトでコメントを投稿するフォームありますので、ご意見とご感想を送って下さい。そして、お願いがあります!ポッドキャストアプリで、是非、このポッドキャスト「週刊EVニュース」を購読して、レビューや星マークの評価などして頂ければ助かります。例えば、アップルポッドキャストでは星マークのランキングも、レビューを書く機能もあります。評価をして頂くとポッドキャストの検索ランクがあがりますので、他の方はこのポッドキャストを見つかりやすくなります。電気自動車の知識が広めると良いと思います。次回のエピソードは来週の金曜日です。よろしくお願いいたします。それでは。

episodes iconMore Episodes

EUの排気ガス削減、アウディが150kW充電スピード、450kW充電の事件成功、世界初ソーラーカー、ボーリング社の発表

December 20th, 2018

15:15

こんにちは!こちらは週刊EVニュース、2018年12月21日、エピソード7番です。

番組休憩のお知らせ:当番組は年末年始休ませて頂きます。今回のエピソードは今年の最後です。次回は1月中旬になる予定です。

今週のニュースは:
※ EU:2030年迄、新車の排気ガスを37.5%ダウン
※ アウディイートロンが150kWで充電可能
※ ドイツ:450kW充電を実現、100キロの走行距離は3分
※ …

ダイムラーの巨大なEV電池投資、LGのEV電池事業は2018年第4四半期に初黒字予定、現代自動車グループのEV販売台数は急増、毎週テスラのモデル3の3000台以上が輸入される予定、カリフォルニア州内のEV販売台数が50万台を突発、中国:11月の新車販売数が14%下落、NEV販売数は38%上昇、社説:軽トラックのEVが必要

December 13th, 2018

16:09

こんにちは!こちらは週刊EVニュース、2018年12月14日、エピソード6番です。

今週のニュースは:
※ ドイツ:ダイムラーの巨大なEV電池投資:2030年まで2.5兆円分の調達
※ 韓国:LGのEV電池事業は2018年第4四半期に初黒字予定
※ 韓国:現代自動車グループのEV販売台数は急増
※ ベルギー:来年2月以降、毎週テスラのモデル3の3000台以上が輸入される予定
※ 米国:カリフォルニア州内のEV販売台数が50万台を突発

ロスオートーショー、アウディとリヴィアン、GMが工場の操業休止とEVの未来に投資、太陽光のコストはなぜ99%下落、ドイツメーカー対テスラ、テスラとパナソニックの蜜の関係

November 30th, 2018

15:24

こんにちは!こちらは週刊EVニュース、2018年11月30日、エピソード4番です。週刊EVニュースは日本初、日本唯一の電気自動車ニュース番組です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。

EVのパイオニアのゴーン氏の退任、VWの5兆円のEVへの投資、カナダの州が100%EVへの法案、テスラの160億キロ、色々なEVの頭字語

November 23rd, 2018

15:21

こんにちは!こちらは週刊EVニュース、エピソード3番です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。

週刊EVニュースのウェブサイトはevnews.jpです。そこでコンタクトのページがあります。何かのご質問などございましたら、いつでも書き込んでご連絡下さい。皆さんのフィードバックを楽しみにお待ちしております。

5000万台のEV、マツダの廃棄ガス問題、モデル3の日本デビューがショッピングモール、ラザード報告書、IEA報告書、

November 16th, 2018

15:37

こんにちは!こちらは週刊EVニュース、エピソード2番です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。

このポッドキャストは毎週金曜日にアップします。是非、Apple Podcastsや好きーなポッドキャストアプリで購読して下さい。それでは、始めましょう。

今週のニュースは:

ダイムラーのバッテリー工場スタッフが2倍、テスタは世界1、ノルウェーでEVが車の1割を突発、テスラの新会長、オーストリアがEVの速度制限を解除、ジャガーI-PACEの軽井沢デビュー

November 9th, 2018

15:12

こんにちは!こちらは週刊EVニュース、エピソード1番です。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。

紹介したニュースのリンクや関連情報をショーノーツに入れておきます。

このポッドキャストは毎週金曜日にアップします。是非、iTunesや好きーなポッドキャストアプリで購読して下さい。それでは、始めましょう。

※ドイツダイムラー社:バッテリー工場人材を年内2倍へ

Loading ...

Download the RadioPublic app for
 FREE and never miss an episode.

Get it on Google PlayDownload on the App Store